モトキデンタルクリニック:電話番号

院長紹介

元気で自立した
老後を過ごすために
今から歯を守っていく
ことが大切です

院長・歯科医師石川  太樹

歯の健康は、お口の中だけの問題ではありません。健康な歯でしっかり噛むことは、全身の健康や健康寿命の延伸に大きく影響しているのです。
生涯に渡って、自分らしくいきいきと暮らすために、歯を大切にしていただきたいと願っています。

略歴
平成7年 福岡歯科大学卒業
平成10年 福岡県筑紫郡那珂川町にて開業
平成26年 医療モールメディカルタウン五十川に移転、開院
所属団体
福岡SJCD(理事)
日本顎咬合学会
モトキデンタルクリニック石川太樹院長 モトキデンタルクリニック石川太樹院長

もっと気楽に歯医者に
きていただきたい

虫歯の治療が必要な方は、「どんな治療をするのだろうか…」「痛い治療が必要なのでは…」という不安を抱いて受診するかと思います。
しかし、予防のための受診は、痛い治療が必要ありません。クリーニングを受け、「スッキリした」「キレイになって気持ちがいい」という患者様の声を多く耳にします。

歯医者に対してネガティブなイメージをお持ちの方は多いですが、もっと気楽な気持ちでメンテナンスに来ていただきたいです。そのことが、患者様のお口の健康を守り、将来に多くの歯を残すことにつながります。

当院は、本当の意味で患者様の歯を守るため、予防に力を入れるのはもちろんのこと、患者様に「通いやすい」と思っていただける医院づくりに努めています。もっと気楽に、笑顔でお越しいただきたいと願っています。

モトキデンタルクリニック石川太樹院長 モトキデンタルクリニック石川太樹院長

歯医者は 痛くなってから
くるところ?

誰かに「歯医者に行ってきた」と言われたら、「虫歯にでもなったのかな?」と思う人が多いかもしれません。「メンテナンスをしてきたのかな?」と思う人はどれだけいるでしょうか。
日本では、“歯医者=痛くなってからくるところ”という認識の人が多いです。しかし、それでは歯を守ることはできません。

歯を残すためには、
病気にならないことが大切

一度病気になると、歯を失うリスクが高まります。虫歯になって一度削った歯は、元の健康な状態に戻せません。治療済の歯は、再発のリスクが高まり、再発を繰り返すという悪循環を招きます。はじめは小さな虫歯でも、再発を繰り返すと、最終的には歯を失うことになってしまいます。

また、歯周病も進行して組織が破壊されると、治療を行っても元の状態に戻せません。歯周病は進行・再発しやすく、虫歯と並んで歯を失う大きな要因の一つとなっています。

虫歯や歯周病になると歯を失いやすい

将来に多くの歯を
残すためにできること

病気にならないため、病気の再発を防ぐためには、効果的な予防が必要です。「毎日歯磨きしているから大丈夫」という方も多いかもしれませんが、歯磨きだけで病気を防げるとは言い切れません。
また、虫歯や歯周病の発生には、歯磨きだけでなく、生活習慣やお口の中の細菌数、全身疾患なども影響していますから、トータル的な予防が必要となります。
セルフケア(歯磨き)だけの予防ではなく、歯医者で適切な予防・メンテナンスを受けることが大切です。

治療中心から予防中心の歯科医療へ

日本の保険制度は治療中心

日本の保険制度では、病気の治療には保険がききます。しかし、歯を守るための予防治療には、保険がききません。日本の保険制度は“治療中心”の保険制度であり、「歯医者は痛くなったらくるところ」という認識が定着してしまった要因であると言えるでしょう。

痛くなってから歯医者に行くことを繰り返していると、再発を繰り返し、最終的に歯を失うことになりかねません。「予防のため」「メンテナンスのため」に、歯医者を受診することが歯を守ることにつながります。

治療中心から予防中心の歯科医療へ

保険では最低限の治療が
保証されています

日本の保険制度は、国民が平等に安価で医療を受けられる制度です。しかし保険では、治療法や使用できる材料に限りがあります。
被せ物に金属しか使用できなかったり、歯を失った時にブリッジか入れ歯でしか対応できなかったり、再発を防いで歯を守る最適な治療法には、保険がきかないのです。

後悔していただきたく
ありません

歯の健康に対する知識や関心を「デンタルIQ」と言いますが、日本人のデンタルIQが低いことが指摘されています。歯を失うと、誰もが「もっと歯を大切にすれば良かった」と後悔しますが、後悔することがないように、歯を守るための正しい知識を身に付け、歯の健康に対する意識を高めていただきたいと願っています。

当院では、患者様にもっと歯の健康について知り、健康に対する意識を高めていただくために、患者様向けのセミナーを開催しています。
日本の予防歯科は諸外国と比較すると、遅れをとっているのが実情です。生涯に渡って、健康でいきいきと自分らしく暮らしていくために、デンタルIQを高め、歯を守って頂きたいと思います。

デンタルIQを高めるセミナーを案内 歯の健康意識を高め誰もが生涯健康に