モトキデンタルクリニック:電話番号

予防歯科メニュー予防歯科について

予防歯科メニュー 予防歯科について

HOME    予防歯科について

予防歯科とは

虫歯や歯周病などの口内トラブルにかからないよう、予防することを「予防歯科」と言います。日本では、痛みや腫れ等のトラブルが起きてから、病院へ「治療」してもらいに行くのが普通です。また、予防歯科は健康保険制度の対象外となっているため、認知度も低いのが現状です。

風邪やインフルエンザを予防するために、マスクを着けたり予防注射を受けたりするのと同様に、歯とお口の健康を守るために予防歯科について知識をつけましょう。

磨き残しは誰にでもある

磨き残しは口腔トラブルの原因となる

ブラッシングは、毎日行う一番身近な口内のセルフケアですが、どうしても磨き残してしまいます。アジア人は、欧米人と比べて歯が丸みを帯びている為おうとつが多く、磨きにくく歯垢を残しやすい歯列になっています。そのため、歯科医師や歯科衛生士のようなプロでも、普段の歯磨きでは磨き残しをしてしまいます。

歯科医院では、口内環境のチェックや歯石の除去などをプロが行います。歯にこびりついてしまった歯石は硬く、ブラッシングでは除去できません。だからといって放置すると、歯石は表面がザラザラとしているため、細菌が溜まりやすく虫歯や歯周病を起こす要因となってしまいます。

歯科衛生士の手による口内クリーニングを行うことで、虫歯や歯周病などの口内トラブルを予防出来ます。また、歯がツルツルになり、口の中がスッキリします。

毎日のセルフケアをフォロー

  • 毎日、歯科医院へ通える訳ではありませんので、プロケアだけに頼ってセルフケアをおろそかにしては、口内トラブルが多くなってしまいます。ブラッシングやフロッシングといった、患者様が毎日行う口内ケアが重要です。

    患者様のお口にあった正しい清掃方法を実践することで、口内の健康を守れます。歯科医師や歯科衛生士といったプロフェッショナルが患者様の口腔内をチェックすることで、口内環境に合わせた歯ブラシの選び方や、どこを意識して磨くべきか、正しい歯の磨き方など、1人ひとりに合わせたブラッシング指導を行えるようになります。

  • 毎日のセルフケアをプロケアでフォロー

「虫歯」や「歯周病」の
原因は人それぞれ

  • ひとくちに「虫歯」や「歯周病」と言っても、原因は人によって変わります。例えば、虫歯の原因は大きく分けて歯質、糖質の摂り過ぎ、細菌感染があり、虫歯菌の種類も多くあります。歯科医院では、問診や唾液検査によって何が原因かを調べられるので、患者様にあった予防アドバイスや治療方針を決められます。

    また、歯を失うことになる大きな原因である歯周病を発症させる細菌も、10種類以上あると言われており、位相差顕微鏡検査を受けることで、歯周病菌の有無やどの菌が悪さをしているのかが分かります。

  • 人によって違う口腔トラブルの原因をつきとめて虫歯を未然に予防する

歯を失う前の予防歯科が
重要です

歯を失う前の予防歯科が全身の健康維持に重要

人間の永久歯は、抜歯したあと生えてくることはありません。虫歯によって溶けてしまった部分が、自然に埋まることもありません。つまり、一度傷ついてしまった天然の歯は、もう元の状態に戻ることは出来ないのです。

「痛みや腫れ等のトラブルが起こったから歯科医院で治療してもらう」この繰り返しでは、いずれ天然歯は失われてしまいます。口内のトラブルが起きる前に予防することで、自分の歯を長く、多く残すことが出来ます。

歯科医院でプロフェッショナルから受ける予防ケアはもちろんのこと、患者様自身が毎日行うセルフケアも大切です。プロケアだけ、セルフケアだけと片方に偏った予防歯科は、効果が薄く、歯科医院で定期メンテナンスを受けることが普通のスウェーデンと日本を比べると、80歳時の歯の残存率が90%近くも違います。
自宅でのブラッシングやフロッシングなどに力を入れるとともに、歯科医院での定期的なプロケアも重視しましょう。